メール配信のスケジュールとはどのような要素か

   

情報発信において、メール配信はコストが低く利便性や手軽さがあります。登録を誘導したり促せば、購読者の獲得や購買などのアクションへと繋げられます。
しかし、情報提供においてはスケジュール設定の重要性が高まります。これはいわば間隔のことで、一定期間の間にどの程度の密度で情報発信をするかです。
購買を目的とする場合は、頻繁に送って購読者の興味を引きたいところです。頻繁な宣伝は煩わしさを感じさせるので、あまり短期間の内に送り過ぎない方が良いでしょう。
反対に密度の低い情報発信も逆効果なので、最適な間隔を見付け出して送る必要があります。文面の情報量や送る必要性を考慮して、受け取りやすく読みやすい情報発信を心掛けるのがポイントです。思いの外重要性は高く、そして無視することのできない要素です。

メール配信におけるスケジュールの重要性とは何か

1日1回の情報発信は、内容の価値次第で許容される間隔となります。一般的には1週間に1回程度が常識的で、煩わしさを感じさせない頻度だと認識されています。隔週ならなお煩わしさはなく、読み手に負担を掛ける心配もあまりないでしょう。
1ヶ月に1度の発信頻度も考えられますが、ビジネスや購買促進の用途にはやや頼りなさを感じさせます。間隔は発信する目的や内容、それに情報量を考えて決定することが重要です。長文が頻繁に送られると読む気になりませんし、内容が薄ければ受け取りすら拒否されます。
逆に必要十分な情報密度で、次も読みたいと思わせる間隔であれば、発信元と読み手の良好な関係が築けます。基本的に、過度な情報発信は拒絶されやすい傾向なので、原則としては1週間に1度が最低ラインです。1ヶ月単位では間隔が開き過ぎですから、1週間から2週間に1度の間隔が目安となるでしょう。

メール配信のスケジュールは読み手に合わせることが肝心です

毎日届く情報に価値が見出されれば、1日に1回送っても拒否されることは少ないでしょう。2週間に1度届けば良いとされる内容が、1週間に1度かそれ未満の頻度で送られれば煩わしくなります。
これらのことから分かる通り、情報発信には適度なペースというものがあります。
肝心なのは、読み手となる受け取り側がどのような間隔を望んでいるかです。毎日送って欲しいのに、実際の頻度は1週間に1回、それでは読み手は寂しさを感じて読むのを止めてしまいます。
2週間に1回送られてくるはずが、同じ情報量で1週間に1回の間隔となれば、読み手の負担は増えて同じく購読がストップするでしょう。ポイントは発信する側と受信を行う側のすり合わせで、無理なく楽しく読める頻度を見付け出すことです。内容の質を維持することも不可欠ですから、発信側も無理のないペースを維持することが必要です。

ピックアップ記事

メール大量配信サービスを活用しましょう

現代はインターネット社会であり、効果的な宣伝活動のためにはメールの活用が必要不可欠となっています。ユーザーに確実に鮮度の高い情報を届けることは、メールマーケティングの基本だといえるでしょう。ビジネスの...

メール配信のスケジュールとはどのような要素か

情報発信において、メール配信はコストが低く利便性や手軽さがあります。登録を誘導したり促せば、購読者の獲得や購買などのアクションへと繋げられます。しかし、情報提供においてはスケジュール設定の重要性が高ま...

HTMLを使ったメール配信を行う際のポイント

メール配信を行うためには、専門の業者に依頼することで安定的に行うことができます。現代においてはスパムが問題となっており、通常に行うとスパムに該当され相手に届かないことも多くあります。この点でそれらに対...